レディース・ブルーナチュラルストレッチのクラシックカラ―
商品を購入する

レディース・ブルーナチュラルストレッチのクラシックカラ―

 

衿まわりが重要とされるメンズシャツで培ってきたノウハウを活かして、レディースのシャツを作りました。

衿元に立体感を持たせる型紙と縫製で、第一釦を外しても衿元が開き過ぎず自然に首に沿うように洗練された雰囲気を目指しました。

衿はメンズパターンから派生させた製図方法で、

レディースのネック寸はメンズに比べて小さいので、台衿のカーブを作るのが難しくなります。一般的に棒状(まっすぐ)に近い形になるのですが、可能な限り立体を意識した製図にしました。衿の表と裏が綺麗に重なるようにシャツ工程ならではの一手間を入れて縫製しています。

着こなす場面に応じて台衿のボタンをとじて「キチンと感」で着まわしたり、

ボタンをとめずに「ラフさ」を出したりと着こなしの幅が広がります。

台衿のボタンをとめると雰囲気が変わります。

 

袖にも工夫を施しています。

当然のことですが、レディースの袖はメンズと比べると細くなっています。

メンズとレディースの袖の型紙を図化してみました。

図を見て頂くと分かるように

レディースの型紙は〝袖巾″は狭くなるので袖山はメンズよりも高くなり、山なりのカーブが強くなります。

この山なりの部分は見頃(アームホール)と縫い合わせる箇所になるので、カーブが強いと縫製は難しくなります。

袖の型紙だけだとピンとこない感じもあるので、アームホールと袖山の関係も図化してみました。

着心地を考える上で袖山の高さは重要なポイントだと思っています。脇下がもたつかず、腕廻りをスッキリみせて、腕の可動域も広がるようにHITOYOSHIの型紙は袖山を高く設計しています。

 

しかしながら、単純に袖山を高くすれば良い訳でもありません。

可能な限り肌にあたる部分が平らになるように折り伏せ縫いを採用しています。

折り伏せ縫いと呼ばれる始末の方法は2回にステッチを分けて縫い合わせます。

カーブが強いと内側と外側のステッチに円周差が生まれ縫い合わせ難くなります。

縫製と着心地のバランスを取った設計になっています。

※折り伏せの画像

 

袖口にはタックが3本あります。タックの分量を分散させて、カフスに立体感を持たせることで手首に馴染みやすくなります。

カフスのボタンの位置を少しだけ手口側に付けました。カフスを半分に折り返せます。

セーターなどの重ね着の手元のポイントになります。

※写真は色違いのWHITEを使用しています。品番【4073-110-S01】

 

生地は綿100%のナチュラルストレッチ、ナチュラルとは 綿100% のことです。

通常はポリウレタンなどの化学繊維を使用して伸縮性を持たせるのですが、

今回作った生地は綿100%のストレッチ素材になります。

原理としては巾の広い生地を作って、加工を加えてわざと巾を狭くしていきます。

巾が狭くなった分が伸縮します。上品な光沢のある綾織の素材です。

柔らかくて肌触りの良い、ナチュラルストレッチのシャツをお楽しみ下さい。

 

※身長168CMでサイズ38(Mサイズに相当)を着用

 

 

 

130ポイント還元(登録会員様のみに付与されます)

4043-110-S03

レディース・ブルーナチュラルストレッチのクラシックカラ―

綿100%の柔らかいナチュラルストレッチ生地で作りました。

¥14,300 (税込)

  • 数量: