素材の良さを感じる洗いざらしのリンネルシャツWHT
商品を購入する

リネンは茎の繊維からできています。

 

リネンは、フラックス(リナム)と呼ばれる1年草の茎の繊維を丁寧に抽出して作られます。
フラックスは、生育が良く自然栽培が可能なため環境にやさしい植物と呼ばれ
種まきには、春蒔きと秋蒔きがあり約100日程度で80~90㎝くらいに成長し
画像のような青い小さな花を咲かせます。

ざっくりと次のような工程を経てリネン糸はつくられます。

①収穫したフラックスを1週間からひと月ほど熟成し表皮を柔らかくしてよく乾かす。
②表皮をたたくことで表皮が剥がれ落ちて中の繊維が現れる。
③さらに繊維を柔らかく滑らかにするブラッシングを行う。
④コーミングで引っ掛かりがなくなるまで丁寧に梳かす。
この時点で、長い繊維(ライン)と短い繊維(トウ)に選別し繊維束にする。
丁寧に梳かすことにより、繊維に艶が出て亜麻色と呼ばれるキレイな色になる。←ココ重要
⑤スライバーされた繊維束をさらに引き延ばして、少し撚りをかけて粗糸をつくる。
生成(亜麻色)の場合は湯通しを行い、晒の場合は漂白工程を行い漂白度合いにより白度調整を行う。
⑥粗糸を精紡機にかけ潤式紡績と呼ばれる方法でお湯をかけ流しペクチンを溶かしながら糸にして
乾燥巻取りをしてリネン糸が完成。

 

フランスノルマンディ地方で栽培された原料を使った生地で柔らかく軽いシャツをイメージしました。

カラーは、ホワイト・ベージュ・ブルー・ネイビー・ピンクの5色

今の季節、洗いざらしで素肌にそのまま着てほしいリネンシャツの登場です。

 

 

※お取扱いのご注意
毛羽による白化を防ぐためお洗濯の際は、シャツを裏返して必ずランドリーネットに入れてください。
また着用や洗濯の仕方により、シワになったり伸びたり縮んだり斜行する場合もありますのでご注意ください。
洗濯時の脱水はできるだけ短くして、シワを手で伸ばし干すように心がけてください。
鋭角のシワが残った場合は、霧吹きでたっぷりの水分を与え、あて布をしてアイロンをかけてください。
天然繊維素材を縫製後にワンウォッシュ(洗い加工)を施していますので製品寸法に個体差がありますのでご了承ください。
糸に節(ネップ・スラブ)があり織りキズのように見えることがありますがこれは商品の欠点ではなく麻素材の特性としてご理解ください。

 

※商品画像に関して
出来る限り忠実に表示出来るよう努めておりますが、お客様がご利用のモニターの設定及び
特性はじめご利用の照明により、実際の商品との色合いが微妙に異なる場合がございますので何卒ご了承ください。

CD1S-H-01

LINEN 100%

素材の良さを感じる洗いざらしのリンネルシャツWHT

ポケットなし・白蝶貝ボタン・縫製後ワンウォッシュしています。

¥14,300 (税込)

  • 数量: